出会い系で本気の恋を見つける

プロフィール

kirk1701

Author:kirk1701
いらっしゃいませっ。ここは主に美少女が出てくるアニメとゲームとSFとフィギュアなんかを愛するヲタクが、愛するモノについて勝手気ままな意見を述べるブログです。


検索

カスタム検索

FC2カウンター


現在の閲覧者数:

広告


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事


カテゴリ


月別アーカイブ


最新コメント


最新トラックバック


お買い得情報


Video/Book/Game


Blu ray in USA


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
銀河英雄伝説、大好きなんですよ。何度見たか数えられないくらいです。お気に入りのエピソード付近をずんずんとエンドレスで見るのが好きですね。牛のように反芻してます。

このアニメは、本編110話、外伝52話、劇場公開3作と、ものすごいボリュームなので、ひとつの記事で語るのは無理です。というか、そんな長いの誰も読まないって。

後にも先にも、他に例を見ない超大規模作品であることだけは確かですね。
原作は文庫本で10冊程度なんですが、物語の密度の問題でしょうね。小説原作の映画が原作を裏切る、あるいは似ても似つかない物になるのはこのあたりに原因があると思います。この、銀河英雄伝説はかなり原作に忠実に作られているため、この膨大なボリュームになったと思いますね。

歴史モノといっても差し支えない壮大なスペースオペラで、ちゃんと3勢力の3すくみ構造をとってます。日本のストーリーテラーはついつい2大勢力の決戦を描きたがります。実際、日本の歴史的に大掛かりな戦はたいてい2大勢力の対決という構図が多いんですが、ドラマティックな展開、予想もつかない展開を生むのはやはり三国志のような3すくみ構造でしょうね。

覇王として王道を行くラインハルト VS 戦争嫌いの戦争の天才、巻き込まれ型の戦いにやたらと強いヤン・ウェンリー。そして第3勢力のフェザーン。
どうも、ヤン・ウェンリーのファンな私は、ヤン・ウェンリーの形容詞がやたらと長くなっちゃいそうで困りますね。私も戦略としてラインハルトの方が王道を行っていることは重々承知していますが、劣勢を智謀でひっくり返すヤン・ウェンリーにはしびれちゃいますねぇ~。

さて、銀河英雄伝説は、声優の起用もほとんど被りがないようで、別名「銀河声優伝説」と業界でも言われていたそうです。なにしろアイゼナッハのたった一つのセリフ「チェックメイト」のために、津嘉山正種を起用するという贅沢ぶり。途中ヤン・ウェンリーの死後、声優の富山敬が死亡し、後の出番を全てナレーションやモノローグでカバーしたのも有名な話。残念ながら女性や子供の登場人物が少ないため、女性声優はそれほどたくさん出ていません。それでもきっちり三石琴乃は出てきてますねぇ。

最近Blu-rayが出ましたが、アップコンバート品なので、DVDで十分です。当時のマスターは(残っているものなら)フィルムだと思われるので、HDリマスターしたら一見の価値はあったかもしれませんがねぇ~。

これからちまちまとあちこちのエピソードについて書いていこうと思います。

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://kirk1701.blog109.fc2.com/tb.php/3-b495eee1
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。