出会い系で本気の恋を見つける

プロフィール

kirk1701

Author:kirk1701
いらっしゃいませっ。ここは主に美少女が出てくるアニメとゲームとSFとフィギュアなんかを愛するヲタクが、愛するモノについて勝手気ままな意見を述べるブログです。


検索

カスタム検索

FC2カウンター


現在の閲覧者数:

広告


カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事


カテゴリ


月別アーカイブ


最新コメント


最新トラックバック


お買い得情報


Video/Book/Game


Blu ray in USA


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

kobo gloとkindle

長らく2つの電子書籍リーダーを使ってみての感想。
やはりKindleのほうがずっと洗練されている。
koboは何度かファームウェアがバージョンアップされてある程度改善されたが以下の様な欠点が未だにある。

  • 反応が遅い

  • Wifiで多くのDataを同期させようとすると途中で失敗する



反応については、本を開く、閉じる、章の切れ目を挟んでのページ移動、挿絵と本文の切り替え等が遅すぎる。あまりに遅くてハングしたかと思うくらい。正直読み続けるのが億劫になるレベル。
帰って漫画のように絵ばっかりならスムースで章立ても無いのでいいかもしれないが、画面の大きさ、モノクロであることが欠点である。漫画ならもう少し大きいほうが読みやすい。
また、本棚を作るなどの機能を使用するときも遅すぎて使いものにならない。使えなくはないし、本棚でも作っておかないと本を探すのも遅くてやっていられないのでたくさん作ったが。
追加のMicro SDを入れることで容量を増やせるが、増やしただけ遅くなる感じ。
確かに本仕様はスペックダウンしたモンキーモデルらしいが、正直楽天の常識を疑う。

Kindleは動作の全てがキビキビしている。
メモリ増加はできないが、ユーザーインターフェースももともとあまりに大量の本用には作られていない。ある程度の本の集団をまとめることはできるが(kincle PW、Android版ではできないようだ)、階層構造が無い、まとめた時にタイトルしか表示されない、等の割り切った仕様である。
そのおかげもあって、本を開く、閉じる、頁をめくる、他の本を探す等の動作が非常にキビキビと動く。
液晶とは表示構造が違うので、スクロールしたりはできないし、再描画も遅いがソフトウェアの出来がいいし、処理速度が非常に速い。
容量が少ないが、文字の本である限りかなりの量を貯めこむことができるのであまり気にならない。
また、Wifi環境があれば、文字の本なら容易にクラウドとやり取りできるのでさらに気にならない。

双方ともAndroid版があるが、この傾向は、Androidでも同じようで使い勝手、デザインなどKindleのほうが洗練されている。

楽天Koboの唯一の利点は、クーポンやポイントが使えることという別のレベルだけである。
こと文書を読むことに関してはKindleのほうが格段に優れている。という結論に達した。

さすがに、koboで購入した本を買い直すのも辛いので、新しいシリーズはKindleから購入するようにしている。
koboで増やしているのは既にkoboで購入したシリーズの続きだけである。

大体予想通りだが、出来ればkoboももっといい端末を出して問題を解決して欲しいもんである。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

koboglo

楽天は、kindle whitepaperに対抗するかのようにフロント照明付きの新型kobogloを出してきました。
価格は7,980円で以前のkobo tuochと同じ価格です。kobo touchは1,000円値下げされて6,980円になりました。
楽天はまたしてもカナダのオリジナルよりスペックダウンして楽天仕様を作ったようです。
カナダのオリジナルでは高速なCPUに換装されていたのを、kobo touchと同じCPU、ただしクロックは少し速いものに変更してます。なんでそんな事するかなぁ。。。

性懲りもなくまた、これも買ってしまったんですが。。。
それでもkobo touchよりは随分高速化されてます。ホームボタンは無くなって、画面上にホームへ移動するアイコンが出来ましたが、ホームへの移動は1秒以下に短縮されてます。
kobo touchでは本棚への本の追加の際に、本を選択するボタンを触ってから選択されたかどうかを確認できるのに秒の時間が必要でした。このため選択は非常に時間がかかりストレスの貯まる作業です。しかしkobogloではあまりストレスと感じないくらいまでは高速化されています。

フロントライトですが、方式的にはkindle paperwhiteと同じ方式です。ただし、kindle paperwhiteが真っ白に見えるのに対し、kobogloは青白く見えます。照明の明るさそのものはkobogloのほうが明るいですが、最大照度は過剰に明るい感じなので、あまり意味はありません。
紙としての見え方はkindle paperwhiteのほうが自然です。
しかし、kobogloの照明も実用的には十分に機能します。照明の均一さもそれほど差はありません。
kingle paperwhiteがLED3個の照明をベースにしているのに対し、kobogloは5個のLEDを使用しているようです。最大照度の差はこのあたりにあるかもしれません。逆に色の発色は選択したLEDの差だと思います。これがコストとどう関係するかは不明ですが…

というわけで、照明も実用的です。レスポンスはkindle paperwhiteのほうが上ですが、レスポンススピードも飛躍的に改善されていて、kobogloは実用レベルに到達したと思います。

最大の問題はショップが使いにくいことでしょうね。
Amazonは通常のホントkindle書籍を統一して取り扱っています。ちょっと前から、単行本、文庫本などが同じ本のページ内で切り替えられるように変わって来ましたが、これにkindleが含まれます。
したがって、ほんの内容としての評価やレビューはそのまま共有されています。

楽天では電子ブックを完全に別メニューにしたため、ただでさえ少ないレビューが全く登録されていない状態です。まして、koboからショップにアクセスした場合の使いにくさは本を売る気がないだろうと思うほどです。正直に言って、買いたい本が決まってないと買えないレベルですね。

Amazonに対する唯一のアドバンテージはクーポンの存在です。
koboはカナダ方面で作られたものですが、あちらでは本を値引き販売するためのクーポンがかなり配布されています。そして、楽天koboショップでもこのクーポンはそのまま使えます。普通に35%OFFとか40%OFFとかのクーポンが見つかります。ネット上で「kobo クーポン」あたりのキーワードでググれば結構見つかります。中にはジャンル限定とか期限切れなどもありますが、値引きが効いたかどうか、いくら値引きになったかは、クーポン入力後表示され、その後購入の意思決定ができるので安心です。
実際、非常に使い勝手のいいクーポンを発見したので、気に入ったシリーズのラノベを全巻購入とかやってみました。通常ラノベだと420円くらいですが、270円前後になるので、これなら買ってもいいかという気になりますね。

今後もクーポンが持続的に供給されるなら本を購入するのも悪くありません。購入には楽天ポイントも使えるので、ポイントが唸っている人はそれを使うのも一手です。

日本語対応ですが、kobo touchと同じでマイクロSDのファイル名は日本語が通りません。
kobo touchでもユーザー間でカスタムファームウェアが配布されていますが、kobo gloでもいくつかは配布されています。日本語ファイル名対応は有効に機能します。
自炊の画像をcbzとかで見る人は、JPEG高速化LIBというのもあるらしいので適応すると幸せかも。私はこちらはまだ試していませんが。

kobo glo【販売:楽天kobo】【送料無料】

価格:7,980円
(2012/12/10 00:19時点)
感想(0件)

$a8lineseparator$

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
待望のkindleが日本でも発売になりましたね。
発表と同時に購入しました。
購入したのはkindle whitepaperのwifi版です。3Gも魅力的だったんですが、主に自宅で使うだろうとの予測でwifiで十分と考えて、安い方にしました。当初もっと高かったんですが、発売日前にkobogloが発表になり、あちらが7,980円とやすい価格設定だったため、急遽kindle whitepaperも7,980円に値下げになりました。既に発注していた私にも値下げの連絡があり、実際7,980円で届きました。

使ってみた感想ですが、まず速い!。kobo touchを使っていた自分にとってはすべての動きが神速です。というかkobo touchが鈍亀だったんですが。。。
そして、前面照明が想像以上に見やすいことです。これはスバラシイですね。Eインクの持ち味を生かしながら、でも暗いところでも綺麗に見える。
ついに仰向けでも読めるEインク本登場です。

リーダーがandroidにも対応しているのも大きいです。私は林檎は持っていないのですが、iOSにも対応しているようです。そして、オンラインで書籍の読みかけの位置を共有しています。これは使ってみるとかなり感動的です。
自宅でkindleの端末で本を読み、出先でスマホで同じ本を開くと先ほど読んでいた箇所から読み始められます。で、出先で読み進めて自宅でkindle端末を開くとそのまた続きから読み始められる。。。これぞ電子ブックという感じですね。

端末には全く不満はありません。内蔵2Gしかない記憶領域もアマゾンから購入している限り問題無いと感じてます。オンラインにいる限りはですが。
所謂自炊の人はPDFにでもするしかないでしょうね。面白いことにkindleには端末ごとにメールアドレスがつきます。このメールアドレスにファイルを添付してメールを送ると、アマゾンのクラウドに保存されます。事前に受信するメールアドレスをアマゾンに登録しないといけないんですが、まぁ当然といえば当然のセキュリティですね。
これで、ネットで拾ったカタログを送ってみましたが正常に表示できました。これは結構便利な機能です。

惜しむらくは現在本の価格が高いことですね。
kindleの参入で国内の電子書籍の価格が安くなることに期待していましたが、今のところ期待ほどに下がっていないというか、高すぎでしょう?紙なし、印刷なし、輸送費なし、在庫の保存料も激減しているのになんで10%くらいしか安くなってないんです?70%位安くなって当然だと思いますが。著者の権利が従来の本の価格の10%なんですから、この価格を維持して、本屋も同じ金額だけとって、販売者も同じ金額とって、これで従来の金額の30%で済むでしょ?なんでこうならないかな…ボリすぎですよ。

Kindle Paperwhite

新品価格
¥7,980から
(2012/12/9 11:31時点)




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

kobo touch

スマホだと画面が小さいですし、10インチタブレットは長時間本を読んだりすると結構重いので、読みやすい電子本はないものかと考えていましたが、ここはやはりEインクを使ってみたくなります。
液晶と違ってEインクは画面が発光しませんから目が疲れないですし、書き換える瞬間しか電気を必要としないのでバッテリーがすごく長持ちします。kindleも考えたんですが、kobo touchの発売が早かったのと、ポイント3000ポイント(当時)に目が眩んで(笑)買ってしまいました。実質5000円ですね。

kobo touchの利点はなんといっても、マイクロSDカードが刺さることでしょう。電子書籍リーダーでこの機能がついているのはちょっと他に思いつきません。
しかも、日本では特に公表されていませんが、多彩なフォーマットのサポートがすごいです。特にcbz、cbrのフォーマットは、マンガミーヤ等で再生できる画像を連番で圧縮したファイルそのものです。zipがcbz、rarがcbrです。拡張子を変えるだけでいいので自炊の人にはこれほど楽な端末ありませんね~。普通はPDFに変換したりするんですが…

さて、kobo touchを触ってみた感触としては…使い物になりませんね~(笑)
どうも楽天が日本版を作る際にスペックダウンを行ってますね。カナダで普通に販売されているものよりCPU等のスペックが下がってます。結果として動きが凄くもっさりしてます。いえ、もっさりを通り越してハングアップしたかと思うほどです。
初期のバージョンでは本の再生から、メインメニューに戻ろうとすると30秒以上かかりました。
正直に言ってお話になりません。
魅惑のcbzについても、自炊したファイルを入れると認識してくれますが、いくつか問題があります。
1)日本語ファイル名が通らない。文字化けします。
2)大きな画像ファイルをそのまま入れていると、ページを表示するのに何秒もかかることがあります
 ページ送りに時間がかかったりかからなかったりするので色々試したところ、画像の展開に問題があるようです。

とまぁ、正直実用にならないレベルでした。
その後あれこれ調べたところ、ファームを最新にアップデートすると、メインメニューに戻る時間などは数秒に短縮されました。しかし、数秒もかなり異常です。ちなみに後に買い入れたkindleだと一瞬でメインメニューに入れますから、全く比較になりません。

Eインクは確かに見やすいし目が疲れない気がします。解像度もそれほど問題に感じませんね。kobo touchで600x800ですが、漫画でもちゃんと読めます。小説も自炊の画像は余白があると苦しいですが、まぁ読めなくはないですね。購入した書籍の場合フォントの大きさなど変更できますし、小さめの字でも問題はありません。

問題は、仰向けに寝転がって読もうとすると照明が当たらないので、読めなくなってしまうことですね。発光しないので当然なんですが、室内で影になると予想以上に見難いです。

最近、kobogloが発売になりましたて、touchは価格が安くなりましたが、正直に言ってkobo touchはお金の無駄ですね。

kobo Touch 【販売:楽天kobo】【送料無料】

価格:6,980円
(2012/12/9 11:12時点)




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。